トップページ > 事例ケース > 機械器具目録追加の根抵当権変更登記
事例ケース

機械器具目録追加の根抵当権変更登記


先日、工場抵当法に基づく根抵当権に機械器具目録を追加する、

根抵当権の変更登記を申請しました。

 

このケースはすでに土地に根抵当権が設定されており、

その上に設置した太陽光パネル等を追加で担保するために、

工場根抵当権に変更するケースです。

 

工場抵当とは、

通常抵当権は不動産に設定されるものですが、

その不動産と一緒に、その範囲に属する動産も担保できるようにしたものです。

不動産だけではそこまで担保価値がでないときに、

そこに属する動産も担保にいれて担保価値をあげて、

金融機関から融資を受けやすくするために作られた制度です。

 

金融機関から渡された機械器具目録(※1)のとおり登記申請をしたところ、

法務局から連絡があり、不動産1物件につき、機械器具目録を1つずつ作って欲しいとのことでした。

金融機関から頂いた機械器具目録は1つのみで、

その中に不動産が4つ書いてありましたので、それが補正対象でした。

 

うまく補正を完了し、登記は無事完了しました。

今まで、たくさんの登記をしてきましたが、この工場抵当は初めてあたるケースで、

あらかじめ参考文献を読みながら案件にあたりましたが、今回のケースは盲点でした。

日々、勉強だと改めて感じたケースでした。

 

※1 どれを工場抵当を及ぼすか、明細みたいなものと考えてください

ご注意

ページのTOPへ

ご相談・お問い合わせ