トップページ > インフォメーション > 箱根の旅
事例ケース

箱根の旅


毎年恒例の箱根神社に行って参りました。

年に1回の例大祭の行事で、境内にはたくさんの人が訪れていました。

司法書士の仕事がうまくいきますように、祈祷をしてもらい、その際に、巫女さんが神楽の舞を披露してくれました。

美しい舞に見とれながらも、司法書士の業務が順調に進みますように祈願しました。

 

箱根神社の神様には、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)という女性の神様がいらっしゃいますが、私が1番信仰している神様です。

この木花咲耶姫は、自分の夫に、身の潔白を証明するため、自室に火を放ち、生き残ったため、火の神様や勝負の神様と言われているみたいです。

詳しい話は、インターネットで調べると出てくるため検索してみてください。

これは、余談にはなりますが、箱根神社にご寄附を3万円以上すると、巫女さんが神楽の舞を披露してくれるみたいです。

 

帰りには、天成園という旅館で温泉につかり、日々の疲れを癒しました。

天成園の露天風呂は、屋上にあるため、とても眺めがよく開放的な気分になります。

箱根の旅で、鋭気を養えましたので、今後も司法書士の業務に精進して行きたいと、気持ちを新たにしました。

 

ご注意

ページのTOPへ

ご相談・お問い合わせ